【バスケットボール部】ある日の公式戦・中学(9月24日)

かえつ有明ブログ

皆さん、こんにちは。バスケットボール部です。

調子よく記事をアップしていたと思ったら、少しお休みをしてしまいました。
また調子よくやっていきたいと思いますので、お付き合いくださいまし。

今回は江東区中学秋季大会2回戦の様子をお伝えしたいと思います。

ん?なぜ2回戦?
理由を知りたい方は、こちらにアクセス!
http://www.ariake.kaetsu.ac.jp/contents/news-club/basketball/21892/

そうなんです。夏の大会で頑張った結果、シード権を勝ち取ったからです。

今回は1回戦を勝ち上がってきた亀戸中学校と対戦です。
実は夏のシード権大会の時、同じ会場で唯一対戦しなかったチームです。
人数も非常に多く、一致団結してバスケットをしている印象です。リバウンドなどガツガツきていました。
こちらも負けていられません!一致団結です!!
勝てば江東区ベスト8。シード権を無駄にしないためにも負けるわけにはいきません!!!!!!!!

部員は文化フェスタ2日目、楽しみたいのを必死に堪え、試合会場に向かいました。

しっかりと結果を残せるか、否か。

Tip off

選手たちにも緊張が見えます。
よって…動きが硬いです。うちの悪い癖です。早く修正せねば後々大変なことになる予感。
試合前のルーティンや声出しなど考えていかなくてはなりません。

試合は一進一退。
かえつも楽に決められるところでシュートを落としたりしてしまいます。

前半終わって、1点差で負けています。
マズくない?
ちょっぴり焦りますが、顧問が焦ると部員に伝播してしまいます。
全く慌てていないよアピールにはしります。バレてないよね。

後半も指示は変えません。着実にシュートを入れていけば問題ないと感じていたからです。
ただ少しのミスで相手に流れがいってしまうのも事実なので、1つ1つのプレーを丁寧にすることを伝えます。


相変わらずエースの得点力には助けられます。
困った時にシュートをねじこんでくれるのは本当に頼もしい。

そうすることでチームが自信を持ってオフェンスを展開できるようになりました。


他のプレーヤーたちもディフェンスで貢献します。
1対1でしっかりと守ることができるのがベスト。
しかしながら、まだ現段階では難しい。
チームでカバーし合います。
全員で守っている感じです。

3ピリオドで、逆転し、差を少しだけ広げることに成功しました。

そうなると強い、かえつっ子。

少しずつ、しかし着実に点差をつけていきます。


やりました!!なんとかかんとか勝ち取ったベスト8!!!

目標としていたポジションだけに、一安心です。

保護者の方々の熱い声援も力になり、部員たちも文化フェスタを欠席して良かったと少しは感じたかな(?)まぁ試合後、学校に戻って後片付けを行いましたが、何か。

いよいよベスト8。実は数年前に一度だけ江東区ベスト8になったことがあります。
が、その時は組み合わせにも恵まれ、ガッツリまぐれな感じでした。(それでも凄いけど…)

今回はまぐれ感はなく、勝ち取った感が強いです。嬉しい。

あとはやるだけです!相手は強豪ばかり。でもやるだけです。
自分たちの現在地が見えるはずです。

当たって砕けろ!

次回、「ベスト4の壁」(「SLAM DUNK」っぽい)

こうご期待☆

対戦してくださった亀戸中学校の皆さん、熱い熱い応援をしてくださった保護者の皆さん、本当にありがとうございました。

走れ!跳べ!勝て!

Return to Top ▲Return to Top ▲