【バスケットボール部】ある日の準公式戦・中学(12月23日)

かえつ有明ブログ

皆さん、こんにちは。バスケットボール部です。
前回は、心温まる親子バスケの様子を載せさせていただきました。
親子の絆というか温もりが大切だという事を再認識させられた親子バスケでした。

その中でもちらっと書いたのですが、今回は江東区バスケットボール1年生大会の結果をご報告させていただきます。

今回対戦したのは、深川三中・深川四中・第四砂町中・第三亀戸中でした。
リーグ戦なので、全勝すれば優勝という単純なもの。目指すべきは全勝です。

1年生にとっては初めての自分たちの大会。
冬休みに入り、ランメニューを増やし、この大会に照準を絞ってきました。気合が入っています!(たぶん…)
顧問としても、ここは何が何でも勝ち、自信を植え付けたいと考えています。

初戦。深川三中です。
夏に行われたシード権大会でも戦った学校です。
とにかく部員の数が多いし、声も出てるし、雰囲気が良いです!

しかし、初戦を落としては目標達成はできません!

大事に、しかし大胆に獲りにいきます!

少しばかり緊張はしていますが、悪くない立ち上がり。
エースもスロースターターですが、今回はレイアップシュートを確実に入れていきます。


少しずつ点数を重ねていくと、他のプレーヤーも自信を持ってシュートを狙いに行きます!
1年生大会なので、技術的なことや、戦術的なことは二の次です。
大切なのは自分で勝負に行くこと!それを試合で学んでほしいと思いました。
練習では積極的にいく部員も、試合ではパスコースばかり探ってしまう…
練習ではリバウンドに飛び込む部員も、試合では遠慮してしまう…
練習では味方に指示を出せる部員も、試合ではいっぱいいっぱになってしまう…
そこを少しでも改善できれば次が見えてきます。

ゴール下でも戦う姿勢が見られるようになってきました。
綺麗にシュートまでいけなくても、泥臭く一本を獲りに行きます!!

見事、初戦勝利!!!(38-10)
ほっと一安心です。

続いて2戦目。深川四中です。
部員数はかえつと同等ですが、積極的に中に飛び込んでくる勇気のあるチームです。

中に飛び込んできたプレーヤーに対して、しっかりとカバーが出来ると楽にディフェンスができます。
あとは苦しい体勢で打たせたシュートをいかにリバウンドで拾えるかが鍵です。

まだまだディフェンスの完成度は低いですが、それでも一生懸命守ろうとします。
気持ちが見られました。

エースだけでなく、ボール運びのプレーヤーもなんとか自分で攻めようとガツガツいきます!
ウィングのプレーヤーたちもボールを持ったらゴールを目指すように、少しずつなってきました!

結果、ファールをもらいフリースローのチャンスも増えました。

なんとか自分たちのペースを守り続け、2戦目も勝利!!!(37-14)

午後の部。
3戦目。第四砂町中です。
人数は5人ジャストですが、気持ちの強いチームです。試合中もコミュニケーションをよくとっていました。

この試合ではメンバーを少し入れ替えました。
これまでゴール下でリバウンドやディフェンスでチームを助けてきた中心選手が諸事情により、離脱してしまい、ゴール下が手薄になります。
急きょ代役を設定しましたが、戸惑いや迷いがあり、序盤はリバウンドに絡めない時間も多々ありました。

ただ諦めることなく、ガツガツとディフェンスをし、少しずつ流れを引き寄せます。
これまでチャンスの少なかったプレーヤーも積極的に攻め、フリースローをゲットしました!
チームとして少しずつ形になってきたこともあり、ボールも少しずつ回り始めました。
まだまだバタつく時間もありますが、なんとか3戦目も勝利することが出来ました。(27-8)

いよいよ最終戦。第三亀戸中。
ここに勝てば優勝です。しかし第三亀戸中もここまで全勝です。
要は勝った方が優勝。非常にわかりやすい。(まるで「SLAMDUNK」神奈川県予選、湘北対陵南のよう…)

これまでの試合をお互いに見てきたので、お互いに対策を練ってきます。
また、相手はこれまでの試合でゲームをつくってきたメンバーが離脱していました。
かえつにとっては有益ですが、ベストな状態で戦いたかったのも事実。
かえつもゴール下の番人(言い過ぎ?)を欠いた状態なので、条件としては五分かなと。

エースのドライブに対して、カバーをしっかりしてきます。
かえつの課題としては、エースが中に切れ込んで、それを止められた時の合わせが必要です。
練習では想定していますが、なかなか体が動かないのと、エースからパスが出てきません。
今後の課題です。
苦しい体勢でシュートを打つことにより、これまでよりも確率が落ちてしまいます。

そうなると、ディフェンスで粘るしかありません。
ただ、急造センターも横の動きには強いのですが、縦の動きは慣れておらず、ゴール下でやられてしまいます。(仕方なし)

前半は同点!(だった気がする…)夢中で覚えていません。スミマセン。

勝負の後半!

ゴール下でも少しずつ戦うようになってきました。
まだまだボールを持つと慌ててしまい、雑なシュートやパスになってしまいますが、気持ちは少しずつ強くなっています。
大会を通じても、1試合目より4試合目の方が良いプレーが増えていました!

粘って粘って粘って…

最後の最後にボール運びと勇気あるドライブを見せていたプレーヤーがディフェンスをかいくぐり、レイアップを決めました。

なんとかかんとか粘り勝ちです!!(22-15)

な、な、なんと1年生大会Bブロック、優勝です!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(「!」多くてすみません)

他のチームとしては、もしかしたら経験を積ませるだけの大会で、そこまでモチベーションは高くなかったかもしれません。
ただ、かえつ有明のバスケットボール部にとってはかけがえのない優勝という結果!
部員も保護者も皆喜んでいました!!
顧問は嬉しいというより、ほっと一安心です。

今回戦ってくださった各中学校関係者の皆様、忙しい中応援にかけつけてくださった保護者の皆様、本当にありがとうございました。

写真には6名しか写っていませんが、もう一人ゴール下の番人も間違いなく優勝に一役買っていました!

この1年生大会で得たものはとても大きいと思います。
勇気、自信、自分たちは間違っていないという確信…
ただ通過点です。
まだまだ上はあります!目指すべきものはあります!
来年はその「上」を狙って、今よりも数倍レベルアップしてやっていきたいと思います。

今年1年、しょうもないブログ記事を読んでくださり、本当にありがとうございました。
今年1年はこれまでになりほど、勝利のご報告が増え、嬉しい限りです。(巷では、「らしくない」「負けの報告じゃないからつまらない」など言われていますが…)
来年も少しでも良い報告が出来るように努めてまいりますので、引き続き宜しくお願い致します。

皆様にとって良い1年でありますように!

走れ!跳べ!勝て!

 

受験生の皆さん
弱小だったかえつ有明バスケットボール部も少しずつ上昇をしてきました。
これまでの積み重ね、飽きるほどの繰り返しで、ここまできました。
皆さんは、受験勉強という繰り返しの中戦っていることと思います。
時に、「やる意味あるのかな」とか「どうせやったって」とか思うこともあるかもしれません。
ただ、反復や繰り返し、積み重ねは重要です。
今やっていることを大事に、大切にしてください。
そうすることで皆さんが合格という結果を手にすることと思います。
そして、合格を手にし、成功体験を味わった皆さんと、体育館でお会いできることを心より楽しみにしています!
受験生の皆さんも…
走れ!跳べ!勝て!

Return to Top ▲Return to Top ▲