かえつの帰国生等教育

海外で受けた教育を眠らせない

日本人としてのアイデンティティ・国際人・世界市民としてのアイデンティティを持つことがこれからの時代には必要でしょう。そのためにはグローバルな感覚を身につけるとともに、日本人としての感覚を身につけることをも必要でしょう。
だからかえつ有明では国際学級は作らずに、学校全体で帰国生が普通でいられる環境を作って来ました。帰国生が200人を超える学校だから、4.5人に一人が帰国生の学校だから、特別な帰国生が普通でいられます。

帰国生英語プログラム

帰国生には世界標準の英語教育

本校では、独自の帰国生英語プログラムによる他校にはない強力なサポート体制を敷き、多様な経験を重ねてきた帰国生を積極的に受け入れています。
帰国生の生活面や学習面を総合的にバックアップすることで、海外で身につけてきた「学習スタイル」を本校の教科学習で発揮させ、日本人としてのアイデンティティを確立しながら、将来国際的な素養を併せ持つ人材を育成します。

英語教育

質の高い英語教育「English Honors Class」

帰国生の英語授業は、一般英語クラスとは別にEnglish Honors Classで学習をしています。

  • 高校3年生では、SAT講座の開講やEssay Writing、インタビューの練習なども実施
  • 希望者対象に中学はTOEFL講座、高校はSAT講座を放課後に開講
  • 高校卒業時には、TOEFLスコアpBT600点以上または、iBT100点以上を目指す
  • SAT(Scholastic Assessment Test)=アメリカの大学で勉強するための基礎的な学力を判定するSAT論理試験(Reasoning Test)とSAT科目別試験の総称

Language Artsのクラス(中高生対象:週4~5時間)

中1~高3までの全学年で開講

  • 言語学習を中心とした内容を学習
  • 高校では、TOEFL・SATなどの授業も開講可能
  • IB(国際バカロレア)の研修を受けた教員が担当
Honors English

The Honors English course is designed for students with a high level of competence in the English language. Based on the study of both English language and literature, it aims to reinforce and refine language skills. Students will learn to use language for specific purposes and in situations involving increasingly sophisticated discussion, argument and debate.

This course:
  • is specifically designed to nurture students into becoming critical thinkers who don’t hold back from questioning ‘accepted knowledge’
  • teaches students to support their points of view and trust their interpretation
  • will expose students to the subtleties and ambiguities of English and hone their mastery of the English language
  • provides the opportunity for enjoyment, creativity and intellectual stimulation through knowledge of English
  • encourages, through the study of texts and through social interaction, an awareness and appreciation of the different perspectives of people from other cultures
  • equips students with the kind of skills demanded at university and in the workplace

TOK(中学生対象:週1時間・高校生対象:週2時間)

日本の中学では、初めての試みです

  • 「哲学の基礎」を英語で学習
  • 英語でのHigh-Order Thinking力を養う
Philosophy

Philosophy is the process of examining – through reasoned conversation – the fundamental ideas that shape our understanding of the world and our action within it. These ideas include *knowledge, reason, truth, authority, equality, justice*, *freedom*, *beauty*, *gender*,*happiness*, *infinity*, and *intelligence*. They are ideas in the minds of men and women, and that sometimes appear in their brochures or on their banners. We each make use of them on a daily basis. But a little thinking can often show that our grasp of them is problematic — that what we think is self-contradictory, inconsistent or just plain false.

The aim of philosophy is to clarify our understanding of these fundamental concepts. To think about where we might be going wrong in how we understand them, and to try and remedy that by developing a deeper understanding.

In philosophy, students are invited to explore questions such as:

  • Are people always free to choose their actions?
  • Are goodness and badness part of the world, or only in people’s minds?
  • Is the mind the same as the brain? Or is it something different?
  • Is gender a biological fact, or just an idea?
  • If you can’t solve I.Q. puzzles, does that mean you are not intelligent?
  • Should everyone be paid the same salary, regardless of the job they do?
  • Is what is right the same as what is legal?
  • Is truth just a matter of what we believe?
  • What separates a work of art from a plain old object?

These questions have an array of possible answers. But just *because* there are many possible answers, it does not mean that all the answers are equal. So a second goal in philosophy is to *evaluate* the ideas that are discussed. We are interested not only in “*What do I believe?*”, and “*Why do I believe it?*” but also, importantly: “*Are my reasons good reasons?*”, “*Is there a better answer than the one I have?*” and “*What would that better answer look like?*”

Since the goal of philosophy is clearer understanding, no special privilege is given to traditional ideas, those belonging to the “most-intelligent” child, or those of the eldest. Answers are judged together, by the students, purely on their merits – according to whether or not they make sense and whether they fit with the students’ experiences.

Philosophy is a challenging and exciting activity. Students are introduced to elementary logic and the tools of critical reasoning. In lessons, they are given intense practice in trying to say what they mean. They quickly learn that clear, logical answers are difficult to achieve, and that their first answer to a question is rarely their best. They also learn to listen, to be resilient to criticism, and how to recognize good reasons from bad ones. These are valuable intellectual tools that will prepare them not only for university, but for living a successful life.

アレックサンダー・ダッツン
Native English Teachersアレックサンダー・ダッツン
ケンブリッジ大学院卒(イギリス)
Honors ClassへのBridge Program「Advanced English Course 」/「 Honors 2 English Course」
Advanced English Courseは中1から高1までの開講
Honors 2 English Courseは中3と高1で開講
  • 希望者対象にSAT講座、TOEFL講座を放課後に開講
  • 高校2年次までにHonors Classへ入ることを目指す
  • 英語の4技能をバランスよく身に付けるために、日本語からもアプローチするプログラム
  • 中学3年生からは多くの帰国生でない生徒もAdvanced English Courseに参加している
  • 高校1年生でAdvanced English Courseに在籍する生徒は年度末にCambridge英検を受験する
「Advanced English Course 」/「 Honors 2 English Course」

For students who aren’t yet at the Honors level, we have the Advanced (JHS1~JHS2) and Honors 2 (JHS3~SHS1) courses. These courses usually appeal to students who have studied the language hard in Japan, but perhaps haven’t been able to develop their speaking to the same level, or for students who have lived abroad for a shorter period of time, so have good listening and speaking, but their reading and writing require more focus.

At this level, there is a range of strengths and weaknesses in the class, but through student collaboration and teacher facilitation, students support and help each other build confidence in their weaker language areas. Developing together is a key factor to making sure the students feel that they are studying in a safe and productive learning environment.

This course:

  • Builds confidence in all four language skills
  • Helps build learner independence
  • Exposes students to fiction and non-fiction reading
  • Has a strong focus on vocabulary
  • Teaches students to be creative with their language and to take risks
  • Provides a safe environment for students to experiment with English and make mistakes
  • Is taught by Japanese and native English teachers to help provide the necessary support.
「Advanced Cambridge PET」

By the time they reach the end of JHS 2nd grade, many regular students are showing a lot of interest and serious potential in English. For these students, we have an Advanced PET class where students work towards a Cambridge English Exam: PET, qualification. This qualification is at a CEFR B1 level. The qualification is globally recognized and is currently accepted as an entrance level qualification by many universities in Japan.

The course has a strong four skills focus, and moves students towards being able to use and understand more natural everyday English, preparing them for travel and study. Students read newspaper articles, listen to interviews, write letters and have extended discussions in order to share information or make decisions. Overall, the program is a great extension to the regular course and for the right students, it’s a great chance to round out their English studies.

This course:

  • Builds confidence in all four language skills
  • Helps build learner independence
  • Exposes students to fiction and non-fiction reading
  • Focus is on understanding rather than memorizing
  • Has a strong focus on language in action
  • Give students many opportunities to take risks with their language and build on mistakes
  • Is taught by Japanese and native English teachers to help provide the necessary support.
HUMANITIES
中学生のHonors English Course在籍の希望者対象に週に1回実施している放課後講座

Humanities at Kaetsu is for students who want to become better informed, more internationally-minded, global citizens. Students investigate issues in history, geography, economics, politics, sociology and citizenship, and seek to explain how these issues affect individuals, societies and the environment.

The course attempts to connect the study of international issues with global history, and as a result, students come to understand today’s problems not as isolated (sui generis) incidents, but as the direct result of specific events in the past. As such, the course gives students an early opportunity to develop and refine key analytical skills that are required for senior-level study.

This course:

  • Develops an understanding of key concepts in humanities
  • Builds students’ awareness of global issues
  • Develops key analytical skills
  • Improves communication skills through discussions and debates
  • Helps students build empathy
  • Has a strong focus on critical thinking skills

SAT(英語、数学)

国際併願やSATを利用した大学受験指導

  • 授業内に希望者を対象としたSATの英語の指導を担当
  • 高校希望者にSAT対策講座を放課後に開講
イアン・ダニエルズ
Native English Teachersイアン・ダニエルズ
ロフバラ大学卒(イギリス)

私たち帰国生教員がしっかりサポートしています。

藤原 宙光(アメリカ)藤原 宙光(アメリカ)
筒井 美帆(アメリカ)筒井 美帆(アメリカ)
田中 理紗(アメリカ・香港)田中 理紗(アメリカ・香港)

帰国生対象放課後講座

補習を実施している科目

編入学した帰国生は、原則放課後に補習を行います。
科目は国語、数学、社会、理科の4科目。
1週間に5回の授業を放課後に2時間程度実施しています。

中学 高校
月曜日 国語 国語
火曜日 数学 数学
水曜日 社会 社会係
木曜日 理科 理科係
金曜日 国語 国語

帰国生対象放課後講座

帰国生対象放課後講座担当 鈴木 裕之

シンガポールの塾で、児童・生徒に日本語の指導。現在も昼間は、帰国生の専門塾で日本語の指導。本校では放課後、帰国生に日本語指導をする専門家。

  • この講座に参加している帰国生は、学習進度や内容を「学習記録票」に記入し、各学期ごとに保護者への連絡帳として返却されます。
  • この講座を修了するためには、定期試験で各科目の平均点以上を取得することが条件となります。

カウンセリング

編入学後は、担任の先生を中心に学習や生活の支援

編入後すぐに、学校生活を中心とした聞き取り面談を行い、本校の生活に問題がないかどうか確認をします。また、定期試験前後には、適時に学習を中心とした個人面談を通して、試験目標などを話し合います。

このカウンセリングにより本校へのソフトランディングを成功させ、生き生きとした学園生活を早期に迎えることができます。
高校生へのカウンセリングには、特に大学進学を念頭に入れた早期の目標設定と学習計画が必要となるため、カウンセリングは重要な役割を果たしています。

  • 編入学後、帰国生担当者が必要に応じてカウンセリングや個人面談を実施
  • 生徒一人ひとりの学校生活全般について担当者が確認
  • 定期試験の結果をもとに今後の課題や放課後講座の有無を判断
  • 担任教師や教科担当との連携で安心した学習生活をサポート
  • 希望する学校への進路相談、アドバイスの実施

国際併願

本校が目指す帰国生の進路指導は、「国際併願 」です。

これは、国内の難関大学と海外の難関大学を同時に受験することを称します。
例えば、11月頃に海外の大学に出願をしながら、次年度の1月に大学入試センター試験や2月の一般受験を受け、共に合格をめざすことです。
この進路を実現するためには、高度な英語力と日本語力が必要になります。
英語力の育成には、帰国生の英語クラス(English Honors Class)はこの進学に耐えうるカリキュラムが組まれています。
また、日本語力の育成には、各教科内での多面的な学力の向上を支援するカリキュラムや先取りの授業体制などでこの進学を実現することができます。

スタンフォード大学(アメリカ)公式サイト

UCLA大学(アメリカ)公式サイト

オックスフォード大学(イギリス)公式サイト

ケンブリッジ大学(イギリス)公式サイト

東京大学公式サイト

早稲田大学公式サイト

上智大学公式サイト

法政大学公式サイト

帰国生クラス 大学合格実績

説明会・イベント情報

本校で実施される学校説明会では、国内生と帰国生と別々に開催をしています。 国内生にはない帰国生の悩み・疑問をご説明いたします。

詳しく見る

入試情報

募集要項

出願書類

帰国生の場合、出願をしていだたく書類が国内生よりも多いです。
募集要項から海外在留証明まで全てをまとめたpdfファイルはこちらからダウンロードしてください。

編入学出願書類A選考資料一式

編入学出願書類B選考資料一式

入試Q&A

学費・指定寮

帰国生のみの「英語の取り出し授業」の費用や急な海外転勤に対応するための指定寮もきめられております。

詳しく見る

指定寮


JOBAガーディアンシップセンター
海外・帰国子女教育専門機関

本校では、外務省、日本航空(株)など企業様の寮からの通学を許可しております。企業に寮が併設されていない場合は、民間の寮からの通学を許可しております。その寮の情報は次の通りです。

JOBA webサイトを見る

お問い合わせ

帰国生に関するお問い合わせはこちらから

詳しく見る

Return to Top ▲Return to Top ▲