【バスケットボール部】2018年のご挨拶

かえつ有明ブログ

みなさん、こんにちは!
バスケットボール部です。

2018年最後のブログとなります。

前回のブログでも書きましたが…(こう書くと前回の記事読みたくなるでしょ?)
2018年もあっという間に終わってしまいました。

何があったかな~と考えてみると、
意外というか、もっともというか、色々とありました。

喜怒哀楽のはっきりとした1年だったかもしれません。
顧問的には、当時は苦しかったのですが、今考えると成長する良いきっかけをもらったなと感じています。

特に意識しておこなっていたのは、自分の感情を見つめること。

「自分は何が嬉しいのか」「自分は今、何に腹を立てているのか」「自分はなぜ悲しい気持ちなのか」

先輩の先生から教わっていることです。(進行形)

そういう意味では今年1年「自分」と向き合った1年だったのかもしれません。

とういうことは…

2019年は、「他者」と向き合う1年にしたいなと。
もちろん、バスケットボール部関係者皆さんも「他者」(というと距離を感じますが、そうではなく)とし、向き合っていけたらと思います。
そのための課題はまだまだ残されています。2019年が終わるころに良い振り返りが出来たらいいな~と思っています。

と、顧問の日記みたいな個人的な雰囲気になってしまいましたが…

 

2018年も、かえつ有明バスケットボール部が大変お世話になりました。
皆様のお陰で、皆様のご協力で、2018年も無事に終えることが出来そうです。
本当に感謝です。ありがとうございました!!
2019年も、引き続き宜しくお願い致します。

年明けは年末に行われた1年生大会の様子をお伝えできたらと思います。
それまで少々お待ちください!

~受験生の皆さん~
帰国生入試はお陰様で、無事終了致しました。
帰国生入試を突破して、かえつ有明の入学を心待ちにしている生徒の皆さん。
何事も準備が大切です。勉強、学校生活の準備をしっかりと整えてください!
一般入試を控えている受験生の皆さん。
いよいよ勝負の時期です。というかもう勝負の時期です。
嫌な事、面倒な事、辛い事、納得のいかない事…沢山あると思います。
しかし、努力しそれが報われることで、すべてが自信に変わるはず(顧問はそうでした!)。
2018年の入試では特に感じたことですが、皆さんは受験の準備をしているだけで本当に偉い。
その小さい身体で、必死になって受験に挑んでいる。
それだけで実は成功なのではないかと。
当事者ではないから言える事なのかもしれないし、受験していただいている身だから言える事であり、
本人やご家族からしたら、「とはいえ!」と思うかもしれません。
ただ、学校説明会やオープンキャンパス、入試体験など来てくれた受験生の皆さんの姿を見て本当に感じたことです。
もしご縁があった際は、本当に大歓迎いたします!!!
そして体育館で、バスケットボールというスポーツの楽しさも是非共有していきましょう!(最後はしっかり勧誘)

ブログをご覧になった方も、かえつ有明バスケットボール部部員関係者の皆様も、受験生関係者の皆様も…
2019年も…

走れ!跳べ!勝て!

Return to Top ▲Return to Top ▲