中学3年「サイエンスの日」 いよいよ明日実施!

かえつ有明ブログ

オリジナル科目「サイエンス科」の学びの集大成として、中学3年生は「世界を変える0.1%」プロジェクトにこの半年間取り組んできました。その最終プレゼンテーションを3月10日(土)10:00より本校カフェテリアにて実施いたします。
是非、中学1~2年生や保護者のみなさまもご参加ください!

中学3年生の約170名の生徒たちは、2つの条件のもとプロジェクトに臨んできました。
① 世界をよくするためのアクションであること
② ホンモノに出会うこと

●「幸せ」をテーマにNPO法人TENOHASHIの皆さんと一緒にホームレスの人たちにインタビューするプロジェクトに取り組むグループ。
●「フェアトレード」をテーマに某有名コーヒー店の社長にプレゼンテーションをして、学校内でフェアトレード商品を販売するグループ。
●「漫画のイメージをよくしたい!」と漫画家さんにインタビューして、コピーライターにアドバイスをしてもらいながら、本屋さんに自分たちの作ったポップを置いてもらったグループ。

他にもたくさん!なんと合計60以上のプロジェクトが立ち上がり、活動してきました。

2月17日には「キャリアの日」と称したイベントを開催し、生徒達と私で一生懸命にいろんな若い企業家やNPO法人で活躍する若者ゲストを40名集め、今行っているプロジェクトの中間発表会を行いました。この日の様子は下記に掲載されています。
https://www.ariake.kaetsu.ac.jp/contents/news/23874/

ゲストの方々にいただいたフィードバックをもとに、ブラッシュアップされたプロジェクトのプレゼンテーションをご覧になってください。
かえつ有明の学びの本質がきっと見えるはずです!
お待ちしています!

Return to Top ▲Return to Top ▲