テニス部(硬式)

【テニス】夏合宿③~切磋琢磨システム始動~

DATE : 2013/8/8

今夏の合宿では、新しい試みとして切磋琢磨システムを試験導入しました。


中2~高2の部員を技能レベルでA・B・Cそれぞれ約8名に分けます。
各カテゴリー コーチ・顧問が必ず付きます。
そのコーチ・顧問判断で
午前の練習(9時~12時)・午後の練習(14時~18時)コート上のパフォーマンスで
必ず2名が移動します。C→B B→A 昇格 もちろんA→B B→Cも移動します。

問答無用です!役職・学年一切関係ありません。
パフォーマンスのみの判断です。
不平。不満は一切聴きません。ただ個別の質問のみ聴きます。

このシステムにより
多くの部員が凹み、落ち込み。そして涙を流しました。
その一方喜んだ部員。意欲に燃えた部員もいました。


この「切磋琢磨システム」の狙いは、チームの活性化・個の成長です。
固定化されたメンバーでは成長が限られます。ましてや4泊5日中だるみが3日目、4日目に発生します。
部員を流動的に動かし、心の揺れを作り、精神面の成長も促しました。
フェアな競争下に身を置き、適度なプレッシャー・ストレス。
厳しいシステムその中でチームとして、個として成長していきます。

1つ1つの練習に部員が一生懸命取り組み。危機感。意欲。向上心の結果
例年にないチーム全体が成長しました。
その中でも数名の部員は眼を見張る成長度です!

おかげで4泊5日が充実しており、有意義で短く感じる合宿だったようです。

今後もお互い発展的に刺激しあい切磋琢磨していきます!
DSC06228.JPGDSC06229.JPGDSC06232.JPGDSC06249.JPG
DSC06246.JPGDSC06254.JPG
おやつのアイスもいただきました!
DSC06260.JPGDSC06261.JPGDSC06263.JPGDSC06258.JPGDSC06259.JPGDSC06268.JPG
Return to Top ▲Return to Top ▲