科学部

[科学部] お久しぶりです。今学期も頑張ります!

DATE : 2018/9/3

こんにちは。科学部です。

久しぶりの投稿となります。

7月に行われた本校のオープンキャンパスで、科学部の体験に来ていただいた皆様、ありがとうございました!

科学部では夏休み、8月5日から7日まで秩父に合宿に行ってきました!
その様子を少し紹介します。


↑秩父は国内有数の石灰石の採掘地です。
 途中で石灰石を積んだ電車とすれ違いました。


↑ミューズパーク


↑雨なのにサイクリング…

 
↑雨なのにサイクリング..


↑長瀞ライン下り


↑長瀞ライン下り

 
↑浦山ダム。
 放水するところを上から見ました。


↑浦山ダム。
 たくさんの水が蓄えられています。


↑浦山ダム。
 スキー場より傾斜があります。


↑かわはく


↑かわはくにある 荒川の模型
 写真では一部なのですが、とても大きい模型です


↑東京都江東区にある本校も。

・初日  

西武池袋駅からレッドアロー号に乗り、秩父まで移動!この時から部員のテンションはなぜか高いです。
秩父について最初に行ったのは、浦山ダムです。
部員たちは普段何気なく使っている「水」について熱心に勉強していました。
そして、橋立鍾乳洞にも行きました。
その日は夏の暑さの真っただ中でとても暑かったです。鍾乳洞の中は涼しい・・・と思いきや、そこまで涼しくありませんでした。
部員たちも少しがっかり。しかし、自然が作り出す地下の絶景をその目で見ることができました。

・二日目 

二日目、私たちが最初に訪れたのは「かわの博物館かわはく」です。
かわはくはとても広大な敷地があり、まわるのが大変でした。荒川の歴史や、地域の住民が川を活用して生活を営んでいたことが紹介されていました。
かわはくを見学した後は長瀞でライン下りを体験しました。こすると黒い粉の付く石墨片岩や、岩畳など、川の作り出す地形に部員たちは驚いた様子でした。

・最終日 

最終日はあいにくの雨でしたがミューズパークという大きな公園に行きました。当初はサイクリングを予定していたのですが、天候などの理由で、園内を汽車を模した車で移動しながら見学しました。しかし、どうしてもサイクリングを楽しみにしていた人がいたため、一部の部員は安全に注意して集団でサイクリングをしました。
そし14時ごろに東京に向けて出発しました。

今回の合宿のテーマは「川」でした。荒川は本校がある江東区や隣接する江戸川区などを流れている身近な川です。
その荒川を知ると同時に、普段何気なく使っている水がどれだけ大切かを痛感させられる合宿でした。
現地の資料館では学校にはない岩石の標本なども実際にみることができ、とても良い経験になりました!

    

科学部では本日から2学期の活動がスタートしました!
9月22日と23日に行われる文化祭で実験の発表なども行います。
見るだけの実験だけでなく、来場者参加型の実験も用意する予定なのでぜひお越しください。
実験の実施時間など詳細はまた投稿をしますのでそちらをご覧ください。

またの更新をお楽しみに!!

Return to Top ▲Return to Top ▲