studyブログ

小畑校長ブログ【ATOM】58 かえつ有明中・高等学校の在校生の皆さんへ

DATE : 2020/4/4

 

 皆さん、元気に過ごしていますか。本来なら、新しいクラスの仲間と出会い、新しい学年をスタート出来たはずなのに、目に見えない難敵のために異常とも言える毎日になってしまいました。元気な生徒の声で満ちているはずのキャンパスが閑散としている現状に我々教員は寂しさを通り越してとても悲しい気分です。

 

 当初は4月6日に始業式を行い、新年度をスタートさせる予定でした。しかし新型コロナ・ウィルスの勢いは収まらず、それを4月11日に延期しましたが、それでも事態は一向に改善される様子は見えません。そのため、既にご案内のように休校期間を再度延長することになり、通常の形での授業再開は更に遠のいてしまいました。学校に行けない状況が予定以上に続く見通しです。それがやむを得ないとしても、家庭にいる皆さんの生活の中に学校生活を少しでも組み込む必要があると考えています。産業界では今回のコロナ危機を契機にテレワークが一挙に広まりました。それに倣い、本校ではいわゆるオンライン授業形式による学習の導入を予定しています。これにより、コロナ・ウィルスによる影響を最小限に食い止め、かつ、皆さんの学習への意欲を保ち、より大きく育むことが期待できます。

 

皆さんには、この異常事態で余儀なくされた休校の期間を後で振り帰った時、逆に有意義な期間であったなと思えるように過ごして欲しいのです。カラオケ・ルームやゲーム・センターに通う生徒がいる、という話を耳にしました。間違いであってほしいと思います。皆さんは多感で吸収力が旺盛で、学問の世界の一端が少し分かってきたところにいるはずです。その先をもっと知りたい、という知的興味を強くそそられる年代です。カラオケルームやゲームセンターは新型コロナ・ウィルス感染症にかかるリスクがとても大きい場所です。そんなところで感染して登校することになれば大変なことになります。自由に使える時間が潤沢にあるのが今です。この余裕ある今をうまく使い、有意義に過ごすことこそ肝要です。興味を覚える分野に思いっ切り浸り、心ゆくまで楽しんで下さい。どの教科でも良いでしょう。知的好奇心の赴くままにこれまでに学んだ先にある部分を覗いてみて下さい。そして、自分なりに探求してみて下さい。例え理解できずに迷子になったとしても、きっと得るものは大きいはずです。コロナに感染する心配は無く、かつ好奇心も満足させることができ、それが更により大きく強い好奇心を沸き立たせることでしょう。これこそ“かえつ生”に相応しい過ごし方だと思います。

Refrain from going out and stir up your intellectual curiosity

Return to Top ▲Return to Top ▲