studyブログ

【高校新クラスの日常】第6号

DATE : 2021/2/6

昨日からやっと、登校が再開することになりました!嬉しい!!

感染防止対策を取りながら、15:30には下校という形になりました…涙

もっと学校で色んなことしたいけど、今は我慢。

 

今回はオンライン授業でどんなことをやっていたのかを紹介したいと思います!

 

(数学Aの授業)

 

数学Aの授業時間は生徒同士で授業やワークショップをやってます
例えば、謎解きをグループで解いたり、心理学を利用した、デッサンをしたり。
ただワークショップにをするのではなく、「目的」「学び」「振り返り」を入れるように、授業を作っています。
そこで今回は数学Bについて触れる授業を行いました。
A組(新クラス)では、高2になると選択授業として、プロジェクト科か数学Bを選択します。
高1の間に、高2でどちらをやるか決めないといけないので、「数学Bでは実際どんなことをやるのか」を知る授業を行いました。
生徒1人1人に丁寧に解説する2人の授業は、とても分かりやすかったです✨
数学は難しいから…、理系には行かないから…と決めるのではなく、どんなものか体験して、判断ができるようになりました。きっと、これを機に「プロジェクト科を選択する予定だったけど、数学Bにしようかな?」と思う人もいたのではないでしょうか。

 

 

(社会総合の授業 冷戦)

 

社会総合(世界史と日本史)では、生徒からの希望により朗読劇の発表を行いました!

生徒同士で1つのテーマについて2つの立場になって朗読劇を行いました。

様々なグループが1週間で沢山の工夫をして発表しました。例えば、チャット風にしたり、映像にして流したり、分かりにくい歴史も面白さを出して分かりやすくしたり。

見ているだけで、笑って、学べる時間でした!

先生もこのクオリティーに驚いてました笑

 

(物理基礎の授業)

 

物理基礎では黒板の代わりにZOOMの画面共有やホワイトボードを使って、分かりやすい授業になっています。ZOOMを使うと、プライベートチャットで先生に質問を送ったり、理解を確認するために質問の回答を送ったりできます。それもまた、オンライン授業ならではの良さですよね!!

 

今後はもっと実際の学校生活をお伝えしたいと思います!

それでは、また来週〜お楽しみに!!

 

匿名の質問フォーム→https://forms.gle/dxXZaesf9nQrQT4WA

(新クラスの人たちに、匿名でできる質問フォームです!)

Return to Top ▲Return to Top ▲